FINE WINE WAY

お客様の生活に彩りを与える。新しい発見をワインとともに。

  • アカウント
  • カート
  • ロック
  • 検索

FINE WINE WAY

お客様の生活に彩りを与える。
新しい発見をワインとともに。

検索ワインを検索

【少量限定】エリオ・アルターレ ドルチェット・ダルバ 2022

【少量限定】エリオ・アルターレ ドルチェット・ダルバ 2022

商品コード:1001149

生産国:
イタリア
生産地:
ピエモンテ
生産者:
エリオ・アルターレ
品種:
ドルチェット100%
ヴィンテージ:
2022年
容量:
750ml
:
ブドウ栽培:
ビオロジック
数量

3850(税込)

グリーンハーヴェスト、バリック、ロータリーファーメンターなどブルゴーニュから取り入れた醸造法を用いてバローロを長期熟成のできるワインへと地位を押し上げたエリオアルターレ!

Elio Altare Dolcetto D’alba DOC 2022

バローロの革命児とも評されるエリオ・アルターレ。しかし「エリオ」が成し遂げたのは「バローロ」のモダン化ではない。廃れていたランゲの復興だった。転換点は1976年のブルゴーニュ視察。葡萄の質を高め、ボトリングまで行うことで仲買人による葡萄買 取りシステムから脱却できることを学んだ。

収量を一般的な造り手の半分以下まで落とすことで葡萄の質を高めていった。当時の他の造り手には葡 萄を切り落とす行為は受入れ難いものだった。更に反対する父親の前で大樽をチェンソーで切り刻み、バリックを導入した。

『エリオは清潔でなかった大樽を捨てた。酸素コンタ クトによってリリース当初から美味しいバローロを造 りたいという強い信念があった。これが原因で父親 とは死ぬまで仲直りできなかった』

エリオアルターレは「モダン」というイメージがありますが、名刺には VITICOLTORE(農民)と記されており、1979年より除草剤や殺虫剤、化学肥料は一切使っていない。

当時としては短期間マセラシオンやバリックの導入は衝撃的だった。しかし、同時にエリオは自然な醸造であることを重要視している。エリオは、自然酵母のみを使用している。酸化防止剤もビオロジックの規定より圧倒的に少ない。

大きな特徴が超短期間のマセラシオン。

4日のマセラシオンでもアルコール発酵がスムーズに進めばアルコールが媒介となって、色素は安定する。マセラシオンが短くても色合いは十分。

ラ・モッラのアルボリーナと反対側の北側斜面に植えられたドルチェット。樹齢は20~40年。

早熟な品種なので糖度と酸度を見ながら完璧な時期に収穫することが大切。一日遅れれば醸造では修正できないほど、収穫が重要になります。

青さがなく、チェリーのような、イチゴのような風味がエリオのドルチェットの特徴。

こちらのドルチェット種はステンレスのみ。だからこそのジューシーさが感じられます。

甘いのではなく果実味が強くて、エキス濃縮、酸もあり、バランスが◎

この商品を見た人は、
こんな商品も見ています

4290(税込)

4400(税込)

4290(税込)

月間人気ランキング

ranking

FINE WINE WAY コラム

column

ジェンダーフリー。シチュエーションフリー。迷った時の万能ロゼ。

ワインのカロリーと糖質

好きなワインの見つけ方

ワインはどう保存するのがベスト?

シャンパーニュとスパークリングワイン

肉をツマミに飲む時代。

FINE WINE WAY 公式アカウント

新商品の投稿やキャンペーンワイン情報など
SNSでしか語らないFine Wine Wayをもっと好きになる。

詳しく見る