FINE WINE WAY

お客様の生活に彩りを与える。新しい発見をワインとともに。

  • アカウント
  • カート
  • ロック
  • 検索

FINE WINE WAY

お客様の生活に彩りを与える。
新しい発見をワインとともに。

検索ワインを検索

【限定1本】ル・クロ・デュ・チュ=ブッフ ロゼ 2022

【限定1本】ル・クロ・デュ・チュ=ブッフ ロゼ 2022

商品コード:324449

生産国:
フランス
生産地:
ロワール
生産者:
ル・クロ・デュ・チュ=ブッフ
品種:
ガメ主体
ヴィンテージ:
2022年
容量:
750ml
:
ロゼ
ブドウ栽培:
ビオロジック
数量

3080(税込)

1996年にビオロジック栽培と、醸造時亜硫酸塩無添加醸造を開始し、今や堂々ヴァン・ナチュールの重鎮と畏敬される生産者

Le Clos du Tue-Boeuf Rose 2022

ドメーヌを運営するのはティエリーとジャン=マリのピュズラ兄弟。その家系は15世紀からモンティの地に続き、クロ・デュ・チュ=ブッフを所有。このクリュは、16世紀には国王フランソワⅠ世と王女クロードが、特に入念に管理したという記録が残る、由緒ある畑。畑には施肥も数年に一度にとどめ、40hl/haを上限とする低収穫を徹底。

彼のワインは、若いうちから気取らず近づきやすいが、熟成を経て次々に現れる味わいは、“驚異のピュズラ・ワールド”との讃辞を浴びている。

2010年以降のヴィンテージではさらに心機一転し、しっかりとした格調と気品、みずみずしさと緊張感を、ドメーヌものだけでなくネゴシアン・ワインにさえ表現してきた。

2014年にはそのネゴシアンを09年よりともに運営してきた、ピエール・オリヴィエ・ボノムに譲った。
この頃からイタリア、スペイン、ジョージアの友人の造り手たちのワインを、フランスへと輸入することも始めた。2019年には兄のジャン=マリが引退し、ティエリーの二人の娘がワイナリーの運営に参画している。

ガメを主体に、ピノノワール、コーの買いぶどうによるロゼ。

イチゴ、金柑など明るい果実感と酸のシンプルで軽快なワイン。

この商品を見た人は、
こんな商品も見ています

4290(税込)

4400(税込)

4290(税込)

月間人気ランキング

ranking

FINE WINE WAY コラム

column

ジェンダーフリー。シチュエーションフリー。迷った時の万能ロゼ。

ワインのカロリーと糖質

好きなワインの見つけ方

ワインはどう保存するのがベスト?

シャンパーニュとスパークリングワイン

肉をツマミに飲む時代。

FINE WINE WAY 公式アカウント

新商品の投稿やキャンペーンワイン情報など
SNSでしか語らないFine Wine Wayをもっと好きになる。

詳しく見る